ビジョンメガネマガジン
・老眼

老眼鏡っていつぐらいからかければいいの?

老眼鏡 時期

「スマホ老眼」なんていわれていますが、実際、老眼鏡って何歳ぐらいからかけるべきなのでしょうか。学生の頃のように毎年検診を受けない人も多いですし、自己申告にしても個人差がありますよね。老眼鏡のかける時期について調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

■老眼鏡をかけるタイミングはいつ?

老眼鏡をかける一般的なタイミングは40代だと言われています。このぐらいの年代になると若い頃とは違う眼の症状を感じるようになってきます。例えば小さい文字が読みづらくなり、テレビは問題なく見えるのに新聞や本が読みにくい…など細かな作業に支障が出てきます。ほとんどの人は眼から30センチ程話して作業をするのですが、老眼が進行してくると30センチ以上距離を開けないとみることが出来なくなります。

老眼初期の段階で、眼を細めて強引に見ようとすると眼に負担をかけてしまい、その結果眼を酷使する結果になってしまいます。

眼の基本は無理なく自然の力で見えることが、一番負担がかからないことに繋がります。

■若い人も老眼鏡が必要な場合があります!

近年は「スマホ老眼」が進んでいます。その為、一般的には40代から老眼鏡といわれていましたが、老眼の症状が20代でも30代でもある場合は老眼鏡を検討してみてもいいでしょう。昔よりも眼にかかる負担が増えて近い将来30代でも老眼の症状を訴える人が増えると予想されています。老眼かも?と思っているのにメガネもかけず眼を酷使することが一番良くありません。

老眼鏡というと高齢者の人が使うものだと思い込んでいませんか。実は若い人でも老眼鏡を使う必要があるかもしれません。現代人は眼を酷使しすぎており、その結果目の疲れや視力の低下などの症状を引き起こしているのです。若い人の場合一時的な老眼の場合もありますので、一度様子を見てみてそれでも改善しない場合、無理のない程度の老眼鏡を使うのをおすすめします。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ