ビジョンメガネマガジン
・老眼

老眼鏡はどうやって選べばいいの?

老眼鏡 選び方

老眼鏡は年を重ねると徐々に進行してきます。大抵の人が老眼鏡を検討する前に、100円ショップなどの安い老眼鏡を購入している人が多いのですが、実はそれが老眼を進行させている場合があるのです。100円ショップなどで販売されているのは度数の合っていない老眼鏡ですのである程度老眼が進んできたら、きちんとした老眼鏡を選ぶことが大切なのです。では正しい老眼鏡の選び方とはどのようなものなのでしょうか?

■老眼鏡を選ぶ際の注意事項とは?

老眼鏡を購入する時は以下のようなポイントに注目して選んでみてくださいね。

・オシャレにこだわりすぎる

デザインによっては、老眼鏡として合っていないものもあります。レンズの縦幅が狭いものを購入してしまうと視野が狭くなってしまうので老眼鏡には向いていません。

・左右の度数が合っているか?

左右の度数が違うと眼が疲れてしまう可能性があります。老眼かな?と思ったら、一度視力を測ってもらった上で老眼鏡を選ぶようにしてくださいね。一般的に+1.00が老眼の使い始めの度数で、+1.00、+1.50、+2.00、2.50までが一般的だと言われています。(※通常は左右違う度数で作る方が快適です)

・老眼鏡は何個かもっていると便利

老眼鏡は何種類か用意しておくようにしましょう。老眼はその日によって眼の疲れ具合によってこっちの方が見やすい・見にくいなどもありますし気分でメガネのデザインを変えてみると老眼鏡をかけていても洋服に合わせたり出来るので楽しいですよね。

■老眼鏡を使う用途を明確に!

老眼鏡を購入する時はまず使う用途を明確にしましょう。

長時間の読書用に欲しいのか?

パソコンで使用するのか?

外出時に使うからおしゃれなものがいいのか?

など老眼鏡といっても使用用途は異なりますよね。使い方によって視野が広いレンズが合っている場合もありますし、本を読むなら度数が低いものがおすすめです。

ビジョンメガネのメガネのマエストロが、お客様の用途を踏まえた上で、適切な老眼鏡をご提案致します。

老眼鏡には様々な種類があります。あなたが老眼鏡を欲しいなと思っている理由は何ですか?老眼鏡を選ぶ際は選ぶポイントに注意してみてくださいね。また周りに老眼鏡ってバレたくない人は老眼鏡っぽくないデザインのものも販売していますので、周りの目を気にせずに使うことが出来ますよ!老眼を防ぐためにメガネも大切ですが眼にいいとされる食事にも気遣うと体の内側からも眼のお手入れが出来ます。少しでも老眼の進行を防ぐために出来ることから行いましょう。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ