ビジョンメガネマガジン
・目の疲れ

左右の目の大きさが違うのはなぜ?

特に日本人は昔から、「左右対称であること」を美しいとする傾向があります。
顔の場合、美人の条件ともされているのでメイクで工夫するなど努力している人も多いはず。ほとんどの人が、目だけで比較しても左右の大きさや形がまったく一緒になることはありません。どうして左右で同じ目なのに違いがあるのでしょうか。

■日常生活の習慣が左右の目の大きさを変える!?

左右の目の大きさは生活習慣のちょっとした癖が積み重なり、原因となる場合があります。
例えば片方の目に重心を置いて見る癖がある人は、力を入れて見ている方の目が大きくなり、力が入っていない方の目は小さくなります。癖でやっている人もいれば、片方の視力が悪くこのような見方になってしまう場合も。目には「利き目」がありこういった習慣が出やすくなるのです。

また、頬杖をつく癖があること、眠る向きが一方に傾いている人なども注意が必要です。食事の時に片方で食べる癖がある人や、虫歯の治療を放置している人などは左右の目の大きさに差が出やすくなります。このように片方に偏った生活をすることが左右の目の大きさに違いとして表れてしまうのです。

他にも日々のストレスで頭部が影響を受け目の形や大きさに左右するとも言われています。
ストレスを感じると自然と顔がこわばることで力が入ってしまう事などがその原因です。

■左右の目の大きさを改善する方法とは?

このような目の違いは、ツボ押しやマッサージなどで改善できる場合があります。凝り固まっている筋肉を解してあげることで改善する場合もあります。生まれつき左右の目の大きさが違う場合もありますが、生活習慣によってその差が変わってきやすくなります。

ストレスなどもある程度は仕方がないことですが、左右の目の大きさが何だか変わってきたかもと感じたら日々の生活を見直してみてくださいね。
知らずしらずのうちに癖になっていて歪みを作る原因となっている場合があります。

左右の目の違いはある程度は仕方がないものだと思っていませんか。
なるべく早く癖を治していかないと余計に差が酷くなってしまうことがあります。
顔の筋肉のゆがみなど、日々の積み重ねが悪化させている可能性があるのです。目の大きさを隠すためにメイクを工夫するのもいいですが、根本的な原因を解決させていくことが大切です。まずはあなたも鏡をみて自分の顔が左右対称になっているかどうか確認してみましょう。何事も積み重ねが大切です。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ビジョンメガネ店舗一覧はこちら

ページトップへ