ビジョンメガネマガジン

「目のトレーニング」ってなに?

近年、視力を取り戻す方法として、「目のトレーニング」を行う人が増えています。
目を鍛えるって何だか聞き慣れない言葉だなと感じるかもしれません。「目のトレーニング」について詳しく説明致します。

◇「目のトレーニング」ってなに?

数々のメディアで話題になっているのが、「目のトレーニング」です。目が本来持っている仕組みや働き、知識を用いて目を鍛えることで視力を上げることをいいます。主に、眼球を動かす「外眼筋」と呼ばれる筋肉を刺激します。特に現代人はパソコンやスマホなどを使い、目を酷使している人が増えています。専門家の指示の下、行いますが実際に視力が回復したという声もあり認識されつつあります。「目のトレーニング」をすることで目の視力を取り戻せれば生涯メガネをかける必要もないですよね。

「目のトレーニング」がここまで認知されるようになったのはいくつか理由があります。「目のトレーニング」は何と言っても費用が安く1~2万程度で実際に試すことが出来ます。あくまでも目を鍛えるものなので治療とは違い後遺症の心配もなく、視力の向上効果を得ることも出来ます。だいたいの人が1~2ヶ月かけてトレーニングを行います。一見長いなと感じる期間も、少しずつ効果を感じてくれば次第にトレーニングが楽しくなってきます。

◇「目のトレーニング」の正しいやり方とは?

「目のトレーニング」を行う上で、正しい方法を教えてくれている先生か見極めることが大切です。インターネットなどで、簡単な方法を見ることが出来るので、一度試してみるとイメージがわきやすいのでおすすめです。簡単なトレーニングをご紹介致します。

【数字探し】

目の前に1~50までの数字が散らばっているので、順番に数字を見つけて指でタッチします。数字を追うことで「外眼筋」を使い鍛えるトレーニングになります。顔や頭は動かさずに、眼球だけ動かすようにすること、1日1回3分程度が目安です。数字探しは1桁のものから試してみて、慣れてきたら少しずつ難しいものにも挑戦すると目のトレーニングになります。数字探しはいくらでも工夫することが出来るのでおすすめです。

視力はトレーニング次第である程度まで回復することがあります。毎日少しずつ継続することで効果がありますが、視力の低下の原因が筋肉の衰えでない場合は難しいかもしれません。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ