ビジョンメガネマガジン
・目の疲れ

目の充血はどうしたらいいの?原因とは?  

ふと鏡を見ると白目の部分が真っ赤になっているなど「充血」に悩まされたことはありませんか? 多くの人が体験したことがあると思いますが、たいていの人がそのままにしてしまったり、市販の目薬で治ると思っている人が多いようです。確かに「充血」のほとんどがゆっくりと休むと自然と戻る場合もありますが、すべてが自然治癒力で治るものではありません。そもそも「充血」とは何が原因で起こるものでしょうか。

 ◇「充血」ってなに?種類があるの!?

そもそも「充血」とは2種類に分類されます。
結膜が赤くなってしまう一般的な「結膜充血(けつまつじゅうけつ)」と、黒目の周りが赤くなってしまう「毛様充血(もうようじゅうけつ)」になります。結膜充血(けつまつじゅうけつ)」の場合、「充血」以外にも目ヤニが出るなどの症状が出てくる場合もあります。
あなたの症状がどちらかによって原因や治療の方法は変わってきます。

 

◇「充血」の原因にはなにがあるの?

「充血」の原因として以下のような原因があります。

・長時間パソコンやスマホを使うことによる目の疲れ

・過度な疲れやストレス

・アレルギー症状

・加齢によるもの

・コンタクトレンズの間違えた使い方

などの原因が考えられます。あなたは思い当たるものがありますか?
特に現代はパソコンやスマホなどの電子機器を多様化する人が増え、
画面を集中して見るのでどうしてもまばたきの回数が減ってしまい乾燥する原因となります。まばたきには重要な働きがあり、目を保護する油を分泌する「マイボーム腺」により水分の蒸発を防いでくれます。赤字を省いた方がいいと思います。まばたきの回数が減ると膜となる油分がないので目が乾燥し「充血」の原因を作り出してしまうのです。

特に現代はこの原因で「充血」に悩んでいる人が多いのです。
さらに暖房や冷房が当たり前になったことで「ドライアイ」の症状が増えています。
目の充血の原因は他にも「アイメイク」が原因の場合もあり、一概にこれが原因だとは判断しにくいものでもあります。「充血」は何度でも繰り返しやすいので原因をはっきりさせた上で繰り返さないような工夫も大切です。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ