ビジョンメガネマガジン

遠近両用のコンタクトってなに

メガネでもあるように、コンタクトでも“遠近両用”があります。
1枚のレンズの中に近くを見るための度数と、遠くを見るための度数と両方が入っており、どちらの視力でも使えるのが特徴です。もともとは近視用や遠視用のコンタクトレンズを使っていたけど、なんだか最近見えにくくなってきたと感じている人は一度コンタクトレンズを見直してみてもいいかもしれません。

■コンタクトレンズに違和感がでたら「遠近両用」のサイン!?

あなたは最近コンタクトレンズをつけていてこんな症状に不便を感じたり、悩んだ経験はありませんか?例えば、暗いところで本などの文章を読むのが億劫になった、小さい文字が読みにくくなった、遠くをみるとぼやけるようになった、アイラインをひく時になんだかぼやけてしまい、うまくひくことができなくなったなどの経験はありませんか。こんな症状がでている人は“遠近両用のコンタクトレンズ”がおすすめです。

こういった症状は年齢を重ねたことで、水晶体をふくらませる力である調整力が弱まることで起こるものです。男性・女性に関わらず40歳を過ぎた頃から老眼が進み今まで使っていたメガネやコンタクトレンズが合わないなと感じる人もいるのです。そのため、遠近両用コンタクトレンズを使う人は40歳~60歳の年代の人に多く70歳を超えるとその人によって使える場合と使えない場合に分かれてしまいます。

■遠近両用コンタクトレンズ「ソフト」「ハード」どちらにすべき?

遠近両用コンタクトレンズにはソフトタイプとハードタイプがあります。ハードタイプの場合、乱視があっても視力に影響することなく使えます。ソフトタイプになると乱視が強くなると視力の調整が難しい場合もありますが、日常生活で支障がない場合は問題ありませんが、一度、眼科様へ視力測定とご相談してください。

遠近両用コンタクトレンズはとても使いやすく、老眼によって視力の低下が免れない場合でも気軽に使えるので、1つもっておくと便利なのではないでしょうか。
ビジョンメガネでは、各種コンタクトレンズの取り扱いをしていますので、気軽に相談しに来てくださいね。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ