ビジョンメガネマガジン
・目のお悩み

目が悪いのにメガネをかけないとどうなるの?

megane

あなたの周りに視力が良くないのに「メガネが苦手だから…」「似合わない」「節約」などといってかけない人はいませんか。確かに最初は苦手な人もいるかもしれませんが、実際にかけてみるとメガネがない生活は考えられないほどの便利アイテムです。視力が悪いのに、メガネをかけないことでどのぐらいのデメリットがあるのでしょうか。

◇メガネをかけないことのデメリットとは?

視力が悪いのに、メガネをかけないで生活していればずっとすっきりと見えないままの視力で生活することになります。そうなると目が「視る」という機能をあまり使わずに生活してしまう為、その機能が衰えてしまう可能性があります。

よく、メガネをかけると視力が落ちると勘違いする人がいるのですが、メガネを掛けることにより,本来あなたがもっている正しい眼の使い方に修正してくれるので視力の悪い人が、メガネをかけないのはおすすめ出来ません。眼にとって大切なのは裸眼での視力ではなく、矯正した時の視力で、正しい度数のメガネを掛けることで目にかかる負担を軽減することが出来ます。

どうしてもメガネを掛けたくない人は…

メガネがどうしても嫌だなと感じる人は、コンタクトが平気そうなら使ってみてもいいですし、レーシック手術により一度で改善する方法もあります。

デザイン的に苦手だな…と感じているのであれば今は、メガネの種類も豊富で毎日付けていても飽きないようなデザインが沢山あります。スポーツをする際に付けられるようなメガネもありますし、生活のライフスタイルに合わせてメガネも調整する時代になっています。

メガネをかけると確かに印象が変わって見えることもありますが、毎日とはいいませんが数日かけてみると目にも負担がかからないので、疲れにくくなりますし嬉しい効果がたくさんありますよ。

メガネってフレーズだけ聞くと「嫌だな…」と感じる人もいるかもしれませんが、今やメガネはおしゃれアイテムとしても取り入れられ若い人からも評価を得ています。テレビで見ている女優さんも、メガネをおしゃれアイテムとして取り入れていたり、メガネだからといってマイナスに感じることはありません。目にも負担をかけなくなるので疲れにくく、毎日を快適に過ごすことが出来るようになります。あなたもメガネに挑戦してみませんか。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ