ビジョンメガネマガジン

目も日焼けする!実は知らない紫外線

1年の中でも一番紫外線が強いとされる、ゴールデンウィークや夏になると美容の為、健康の為に紫外線対策に気を付けている人のほうが多いと思います。紫外線はなにも対策をしないと皮膚がんを引き起こす可能性もあり人間にとっては、メリット&デメリットが多いものでもあるのです。そんな紫外線が目にも影響すると言われています。その理由とはどのようなものなのでしょうか。

■紫外線ってどんなもの?

私たちが紫外線と呼んでいる光は目には見ることの出来ない光の一種になり、紫外線の波長によってUV-A・UV-B・UV-Cに分けられます。UV-Cはオゾン層などの大気層で吸収されるため私たちにはほとんど影響することがありません。その為、気にしなくてはいけないのが他の2種類の紫外線になります。UV-Aは肌の奥深くまで浸透して、シミやシワの原因を作り出してしまいます。UV-Bになると、肌の炎症を起こす原因に。紫外線は直接浴びないように気をつけることが大切です。

■紫外線による目の日焼けってなに?

実は目も肌と同じように日焼けをしています。肌のように色が変わったり、皮がむけたりするわけではないので気付きにくいかもしれませんがUV-Aは長い時間をかけて目に影響し、UV-Bは角膜に強い影響を及ぼすこともわかっています。目に紫外線が良くないことを知らずに、何も対策をしていない人が多いのです。
では目が日焼けをした時にどんな症状が起こるのか詳しくみていきましょう。

冬にスキーに行った時にゲレンデで長時間遊んでいると目の充血や、違和感、光を眩しく感じるなどの症状を感じたことはありませんか。こういった症状は、たんに目が疲れているのではなく雪の跳ね返りの紫外線を浴びて目が日焼けをしている状態です。「雪目」と呼ばれるもので、紫外線が原因となっているのです。他にも白内障の原因となることもあります。

目は大切なものと知りながら紫外線対策をしていない人がほとんどです。特に現代は目を酷使する人が増え、負担がかかっているにも関わらずお手入れなどを行わずに、今は特に症状もないから大丈夫と自己判断をしてしまっている方がおおいのです。目もお肌と同様に日焼けをして負担をかけてしまっています。

サングラスや帽子など日頃から少しでも外に出る時は目にも紫外線対策をするようにしてくださいね。それだけでも目にかかる負担は軽減できます。
ビジョンメガネでは、サングラス以外にもUVカットのメガネや、紫外線を99.9%カットするお子様用のサングラス『OJO(オッホ)』なども取り揃えております。少しの工夫が目を守ることに繋がりますので、ぜひ一度紫外線対策のメガネやサングラスを見に来てくださいね。

 
来店予約   メガネ分解洗浄
 

ページトップへ