ビジョンメガネマガジン
・目の疲れ

まぶたが痙攣する?ストレスやビタミン不足が原因?

まぶたがピクピク痙攣する…そんな経験をしたことはありませんか。
実はこの痙攣にはちゃんと原因があります。それは「ストレス」と「ビタミン不足」だと言われています。なぜ、この2つが原因でまぶたの痙攣に繋がるのでしょうか。

◇まぶたの痙攣は「ストレス」が関係している?

私達は日々の生活の中で目に負担をかけてしまっています。
それは意識的にではなく、仕事中のPC作業だったり、長時間スマホを見ていたり当たり前に行っていることが実はどれだけ目に負担がかかっているのか考えると、とても恐ろしいものです。目に負担の多い生活を続けているうちに目にはストレスや疲労が貯まってしまい痙攣となって現れるようになります。痙攣が起きる=有害な物質が作られているということ。有害な物質が出来ると体内のタンパク質を過剰に使用してしまい、タンパク質が不足することで痙攣が起きる原因となるのです。

最近目の疲れが溜まっているなと感じる人は、痙攣として現れる前に目の疲れがたまりにくい生活を心掛けることが大切です。目の疲れを軽減する「ホットマスク」をしてみること、マッサージで血行促進をするのも効果的です。目は大切な場所ですので、ストレスを感じさせないのは難しいかもしれませんが、疲労を蓄積しない工夫を探してみましょう。

◇まぶたの痙攣は「ビタミン不足」が関係している?

まぶたの痙攣は「ビタミン不足」とお伝えしましたが、目の健康の為に必要とされるビタミンが不足すると目の視力を回復したり疲れを取ることが出来なくなってしまいます。

目の疲労回復の為には、レバーやほうれん草に含まれる「ビタミンA」や、豚肉に含まれる「ビタミンB1」、卵や納豆に含まれる「ビタミンB2」、にんじんやかぼちゃに含まれる「ビタミンE」を摂取することが大切です。主に緑黄色野菜と呼ばれる色の濃い野菜が分類されるのですが、なかなか毎日の生活で全てを取り入れるのは簡単なことではありません。
そんなあなたにはサプリメントなどで不足しているビタミンを簡単に摂取するのをおすすめします。医薬品ではないので気軽にいつでも取ることが出来るのがサプリメントの魅力です。

まぶたの痙攣はほっておくと目の疲れをそのまま放置していることになります。
目は大切な部位ながらどうしても酷使されがちに。特に現代は目に負担がかかるものがたくさんあるので意識的に取り入れないと改善することが出来ないのです。
ストレスも少しでも軽減できるような努力をしていきましょうね。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ