ビジョンメガネマガジン
・目の疲れ

目が乾燥する!こんな時の対処法が知りたい。

目の乾燥や乾きが気になることはありませんか?このような目の症状をまとめて「ドライアイ」と呼んでいます。誰でも一度は聞いたことがあるフレーズであるほど日常的によくある症状でもあるのですが、ドライアイだと目が乾いたりして何だか不快感がある人も。実はドライアイは日常生活のちょっとした工夫で改善することが出来るのです。

◇ドライアイの症状や原因について知りたい

ドライアイにはなりやすい人がいます。もともと体が乾燥しやすい人はドライアイで悩むことが多く、きちんとした対策を取ることがおすすめです。
ドライアイとは、「目が疲れやすい」「目が乾く」「目に不快感」などの症状が何らかにの原因によって出ることをいいます。他にも光が眩しく感じたり目やにが出る、目の奥がゴロゴロするなどの症状が出る場合もあります。

ドライアイの症状が出ているのに放置してしまうのが一番危険です。そもそもドライアイには2種類あり「涙の異常」と「目の表面の異常」が関係しています。涙の成分バランスが崩れてしまうと目の表面を保護する力が弱まるので、目の表面は障害を起こしやすくなるのです。目の表面にいったん障害が起きてしまうと、涙が表面を均一に覆うことができなくなり、ドライアイの症状は悪化します。
おもにドライアイの原因として、パソコンやスマホなどによる「目の酷使」や、「乾燥」「コンタクトレンズ」「加齢」などが考えられます。中には病気や薬の副作用によってドライアイの症状が起きてしまっていることもあるのです。

 ◇ドライアイの対処法はどうするべき?

ドライアイを改善する方法には種類があります。
何よりも疲れてしまっている「目を休ませる」ことが大切です。1時間作業をしたら10分間の休みを取るなどして調整することが大切です。蒸しタオルを使って目の周りの血流を促すのもおすすめ。一緒にマッサージで取り入れてみましょう。また、冷暖房がついている部屋では乾燥しているので、加湿器や洗濯物を干すなどして乾燥しづらい室内環境をつくり出すようにしてくださいね。

また、ドライアイの場合出ている症状によっては対処法や治療法が異なりますので気になる症状がある時は、自己判断だけはやめてくださいね。病院で医師の診察を受けて正しい治療を行いましょう。
ドライアイで悩んでいる人はとても多く、自分に起きている症状がドライアイだと気付かずに、生活していることもあるのです。悪化させる前に初期の段階で改善出来るようにしましょうね。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ