ビジョンメガネマガジン

視力と自律神経にはどんな関係があるの?

近年はストレス社会だとされ、精神的な疾患を訴える人が増えています。実は自律神経と視力にも深い関わりがあることがわかっています。どうして精神的な症状と視力が関係すると言われているのでしょうか。

◇ストレスによる自律神経と視力の関係とは?

精神的な疾患の原因の大半がストレスによるものだと言われています。強いストレスを感じると様々な体の不調を感じる人が多いのですが、ストレスが溜まると自律神経の働きにも影響してきます。自律神経は、ものを見る機能と切っても切れない関わりがある部分だとされています。それは人間がものを見る時の仕組みに影響しているのですが、目に飛び込んできた光がもたらす情報として、目から脳に伝えられてはじめて正常に処理されるといいます。自律神経は目で見たものを脳へと伝達する役割もしているので、普段は何でもなく見えているものの視力がぼやけてしまいよく見えないといった状態になってしまうことも。自律神経が乱れると目だけではなく体の様々な部分に不調をきたすので、前身の血流を悪くしてしまいその結果、目に十分な酸素や栄養がいかずに視力が低下してしまうといいます。

◇ストレスは感じやすい人と感じにくい人がいる

同じように毎日の生活を送っていてもストレスを感じやすい人もいれば、ストレスを感じにくい人もいます。同じ状況に立たされた時に、物事をどう解釈するのか。毎日の生活でストレスに打ち勝てるような気持ちの強さを身に着けておくといいと思います。ストレスがあるから仕事を休みます…何て出来ませんしね。毎日継続的なストレスは確実に体にいい影響を与えません。

また、ストレスを一番感じやすいのは子供だといいます。ちょっとしたストレスを感じてしまい成長に影響したりお腹を下したりします。そうなると視力がいつもよりも低下してしまいます。大人も子供もストレスを過度に感じることがないように、日々の生活の中で自律神経を調整出来るように調整することが大切です。

自律神経は私達が健康で生活するために大切なものでもあります。自律神経が乱れることで視力の低下を引き起こしてしまうので、自律神経を整えることも意識的に取り入れてみましょう。たんに目がぼやけて見づらいな…と感じているだけでも実は体がサインを出している可能性があります。いつもは見えている視力が良くないのはそれなりに何か事情があるはずです。あなたの視力は大丈夫でしょうか?

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ