ビジョンメガネマガジン

視力によって出来ない仕事があるって本当?  

現代社会は、いつ仕事がなくなるかわからない時代です。だからこそ、親御さんからすれば子供にいい大学に行ってほしい、いい就職先についてほしいと思い日々勉強に取り組んでいるはずです。実は視力が低いだけで仕事の制限がかかってしまうことがあります。
視力で仕事に制限とはどのような理由からでしょうか。

◇視力で仕事が制限されてしまう職種とは?

実は私達にとって身近な職業が「矯正視力1.0」以上を必須条件としているものが沢山あります。最初の採用時に健康診断が行われ、そこで基準から落とされてしまうのです。
「看護師」「消防士」「警察官」「電車運転手」は必ず矯正視力1.0以上が求められます。人の命を助けることや、多くの人を安全に目的地まで運ぶ必要があるので、視力が悪くてよく見えないと事故の原因となってしまう可能性があります。

航空に関する仕事も「客室乗務員」はメガネNG、コンタクトで1.0が必須条件となり、「パイロット」は裸眼で両目が1.0以上と厳しく制限されています。確かに何か事故が起きた時に裸眼だと殆ど見えないとなっては大変なことになってしまいます。

また「自衛官」も両目で0.6以上の制限があり、メガネやコンタクトの場合0.8以上と定められています。他にもスポーツ選手も体を動かす競技の為裸眼で0.6以上の視力は求められるものがたくさんあります。
裸眼での視力制限はどうにもならないところもありますが、矯正視力ならメガネやコンタクトを取り入れることで、その職業を目指すことも出来ます。

◇裸眼の視力を保つために…

裸眼で視力が必要な職業を目指す場合は、毎日の生活で視力が下がるような習慣を辞めましょう。過剰な時間でのテレビやパソコン、スマホなどはもちろん、生活習慣に気を付けて栄養バランスの取れた食事を取り入れることが大切です。裸眼で勝負するわけですから、その職業についた後も、目の管理には十分に気を付けてくださいね。視力はあなたにとって大切なものです。メガネやコンタクトレンズもありますが、出来るだけ裸眼でいられるのがベストです。

視力が原因でなりたい職業につけないとなるとショックですよね。だからこそ、毎日の生活から視力を保つ努力が大切です。視力が悪いだけで諦めたくないですよね。特に人の命に関わる仕事はそれだけやりがいもありますし、あなたにとって成長させてくれる環境です。将来の為にも目や視力は大切にしましょう。疲れや自律神経でも見えにくくなることがありますので、注意してくださいね。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ