ビジョンメガネマガジン

コンタクトレンズが使えない人もいます!

コンタクトレンズは手軽に視力の矯正ができる、とても便利なものですよね。日中つけかえたりする必要もありませんし、メガネのように外見の印象が変わってしまう心配もないので便利ですよね。ただしコンタクトレンズは誰でも使えるものではありません。目の状態や環境によってもコンタクトレンズの使用をおすすめできない場合もあるのです。

■コンタクトレンズは目の疾患がある人にはおすすめできない

コンタクトレンズは目の眼球に直接つけるものです。その為、目に何らかの異常がある場合はコンタクトレンズを使用することはできません。
それでも無理に使用してしまうと目に負担がかかってしまい最悪失明などの原因となる場合もあります。目の状態に何らかの不安がある場合は一度眼科を受診してから、検討するのをおすすめします。無理してつけるのが一番おすすめできません。

他にも重度のドライアイに悩んでいる人も、目の表面が乾いているところにコンタクトレンズをつけるようになってしまうので、とても傷つきやすく他の病気と併用してしまうこともあります。特にコンタクトレンズは乾燥しやすいので注意しましょう。

■コンタクトレンズは職業によってもおすすめできない

他にも工事現場など、目のなかに埃や汚れが入りやすい環境にいる人はおすすめしません。ゴミが入ってしまい、それが結膜炎や、重度の症状を引き起こす可能性だって十分にあるのです。薬品を使うような仕事の人もコンタクトレンズの使用はあまりおすすめできません。

コンタクトレンズの場合、管理ができることが最低条件になります。管理ができない人がコンタクトレンズを使ってしまうと、目には絶対いい影響はありません。目の状態に合わせてコンタクトの使用を検討するようにしてくださいね。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ