【お知らせ】ジェームズ・ディーンなど愛用の眼鏡をモダンに「remode(リモード)」新型発売!

ジェームズ・ディーンなど愛用の眼鏡をモダンに 50年代アメリカで流行、ウェリントン型の樹脂フレーム新発売 最先端技術でフィット感を向上、デザイン・カラーを現代風に 世界的ブランド「トニーセイム」監修

remodeRM006

眼鏡専門店を運営する(株)ビジョンメガネ(大阪市)は、ジェームズ・ディーンはじめ銀幕のスターたちが愛用したウェリントン型(逆台形)の樹脂フレーム2型各3色を新発売します。

クラシカルな装いはそのままに、ツルを開閉させるヒンジ(丁番)部分には、最先端の技術を用いたバネ性のある特殊なチタン素材のパーツを使い、着用時のフィット感を高めています。フレームの普遍的な意匠と、快適なかけ心地を両立させています。
眼鏡のデザインと機能面は、新進気鋭の世界的ブランド「トニーセイム」の監修です。
販売は2024年1月27日(土)から全国98店で行います。価格は薄型レンズ代込みで、税込28,500円です。
ブレザースタイルなどのトラッドファッションや“キレイめカジュアル”を好む、30代以上の男性をメーンターゲットに販売します。

銀幕のスターたちが愛したフレームを”再定義”!日本人の顔の骨格にフィット
新商品は、“メガネ史”に残る傑作デザインを現代風にアップデートする、当社のオリジナルブランド「remode(リモード)」の新作です。
今回は50年代のアメリカに登場し、一世を風靡したウェリントン型のセルフレーム(逆台形型の樹脂フレーム)を、デザインソースにしています。
ウェリントン型のセルフレームは、ジェームズ・ディーンはじめ銀幕のスターたちが愛用したことで人気が高まりました。
今回、その当時のフレームの魅力を残しながら、デザイン・カラーを現代風に再定義しています。例えば、エッジの効いたカッティングやプラスチックを薄くする精密な加工技術で、正面からの見た目をよりスタイリッシュに見えるように工夫しています。さらに、顔幅の広い日本人男性が着用しやすいように、レンズ幅を広めることで、骨格に合うように改良しています。

 

ビジョンメガネは、お客様一人ひとりにとって
"最高の見える"を実現します。