ビジョンメガネマガジン

メガネに寿命はあるの?

メガネ お手入れ レンズ フレーム

日常的にメガネを掛けている人にとってメガネは毎日の生活に「なくてはならないもの」ですよね。そんなメガネには交換が必要となる寿命はあるのでしょうか。メガネユーザーの人には、数十年前からメガネを変えていないという人もいます。あなたのメガネはどのぐらい使っていますか。

定期的に交換が必要「メガネレンズの寿命」とは

メガネで一番重要な部分といえば、「レンズ」は外せません。そのレンズは3年が寿命だと言われています。使用方法によってレンズが劣化する場合もありますし、視力が変わり、度が合わなくなることがあります。

*プラスチックレンズは紫外線などですべて劣化します。取り扱いによって劣化が早くなります。また長い間使用していなくても傷んでいることもあります。

【レンズを劣化させる扱いとは】

・ティッシュやタオルで何もつけずにレンズを磨いている

・お湯でメガネを洗っている

など、誤ったお手入れのやり方がメガネを劣化させてしまいます。あなたは思い当たりませんか?
レンズのコーティングが剥がれ、レンズ自体に傷がついてしまうとメガネとしては長く使うことが出来ませんのでくれぐれも注意してくださいね。

【度が合わなくなる場合…】

一般的に近視の人が多いと言われるのですが、近視は加齢や日常生活の中で進んでしまうことがあります。例えば、近視に老眼が入り、今までのメガネが合わなくなることもあります。そうなると、目の疲れを引き起こすだけでなく、余計に視力を悪くしてしまう原因にもなります。

フレームにも寿命があるの?

メガネの枠組みとして必ず必要なフレームですが、安価なプラスチック素材はもって3年が限界です。色落ちや傷が目立ち交換する流れになります。素材や仕立ての良いフレームは金額も高くなりますが、定期的なメンテナンスを行うことで10年以上使えるので長く利用することが出来ます。

どんなフレームでも毎日の掛け外しで多少の歪みや広がりはおこります。長くお使いいただけるフレームでも、流行りのものでなくなったり、フレームの色落ちなどの経年劣化が目立ってきたらフレームも交換してもいいでしょう。くれぐれも踏んでしまいフレームを割ってしまうことがないように注意してくださいね。

レンズやフレームにも寿命がありますが、使う頻度やお手入れの仕方次第では長く使える場合もあります。ただし、レンズに関しては定期的に度数を測りにいって正しい視力に合うメガネをかるように心掛けましょう。メガネは思っている以上に繊細で大切に扱わないといけないものです。特にメガネがないと生活できないという人もいますよね。

出来るだけ長く使ってメガネライフを楽しんでみてくださいね。

■まずはメガネマエストロへ相談してみよう

ページトップへ