ビジョンメガネマガジン

子供用メガネ(眼鏡)|購入時の保証比較!購入先の選び方なども紹介

学校の検診で引っかかった!など、お子様の視力低下に伴いメガネ購入をご検討のお父さんお母さんへ、子供用メガネの作り方や選び方をまとめました。主なメガネ店の子供向けメガネ保証についてもご紹介します。子供用メガネを購入する際のお店選びのポイントも解説しますので、お子様のメガネ購入にお役立てください。

■子供用のメガネをご購入の前に。

まずは眼科を受診しましょう。
単なる近視と思っていても、「病的近視」や心的ストレスによる「心因性視力障害」、スマホやタブレットを長時間見ていた目の疲労による一時的な視力低下とさまざまなケースがあります。本当にメガネが必要なのかを判断するためにも、まずは眼科で目の状態を詳しく検査しましょう。

■医師の診断により治療用にメガネを購入する場合、保険適用となり補助金や助成金を受けとれます。

[適用条件]
・9歳未満 ※眼科診察の満年齢
・弱視、斜視、先天性白内障術後の屈折矯正の治療用として必要と診断され医師の証明がある
・近視、乱視、遠視用のメガネは対象外

※2020年7月現在の情報です。
※新型コロナウイルス感染拡大の影響による臨時的な取扱いについてはこちらをご覧ください。

[補助金]
ご加入の保険機関(国民健康保険、全国健康保険協会、健康保険組合、共済組合など)へ申請すると給付金を受け取れます。各機関で申請書類、支給の基準や条件がありますので各健康保険組合へお問い合わせてください。

[保険]
医師の診断のもと、健康保険が適用になる治療用メガネを作った場合、自治体から子供医療費助成を受けることができます。ご加入の健康保険機関からの支給が決定した後、お住いの市区町村へ申請を行ってください。

■子供用のメガネはどこで買えばいいの?お店選びのポイントは?

[保証内容やアフターサービスが充実しているお店を選ぶ]
子供の場合、友達やボールとぶつかった!メガネがずり落ちて自分で踏んだ・・・など思わぬことでメガネを壊わし、修理をするケースが多くあります。その上、度数も変わりやすいため、保証やアフターサービスが充実しているお店を選ぶことが重要です。

[子供用メガネの専門店]
子供メガネ専門店では、子供向けのブランドや子供に合う素材とデザインのメガネが取り揃えられていますが、専門店以外でもキッズラインのメガネを揃えているメガネ店は多くあります。

[通いやすいお店を選ぶ]
子供が使うものなので、修理やメンテナンスのアフターサービスが利用しやすく、近くで通いやすいお店を選ぶことをもポイントです。ビジョンメガネではメガネのプロフェッショナル「マエストロ」が、他社で購入されたメガネの調整やメンテナンスも無料で承っています。※修理内容によって有料となる場合がございます。

■主なメガネ店の子供メガネの保証内容を比較!

以下の保証を比較してみました。
・「見え方保証」度数が変化した場合や見え方に馴染めない場合のレンズ交換。
・「品質保証」フレームのキズ、メッキ剥げなどの修理・交換。
・「破損保証」思いがずメガネが壊れてしまった時の修理・交換。

※2022年5月当社調べ

メガネ店 ビジョンメガネ A社 B社 C社 D社
対象年齢 18歳以下 中学生以下 中学生以下 18歳以下 18歳以下
見え方保証 期間 1年間 6ヵ月
/7カ月~1年以内
1年間 1年間 1年間
回数 何度でも 何度でも/1回 1回 1回 何度でも
金額 無料 無料/半額 無料 無料 無料
品質保証 期間 1年間 1年間 1年間 1年間 1年間
回数 1回  - 1回  -
金額 無料 無料 無料 無料 無料
破損保証 期間 6ヵ月
/7ヵ月~1年以内
3ヵ月
/4ヵ月~1年以内
3ヵ月
/4ヵ月~1年以内
3ヵ月
/4ヵ月~1年以内
回数 1回/何度でも 1回/1回 1回/1回 1回/1回
金額 無料/半額 無料/半額 無料/半額
(フレーム、レンズそれぞれ)
無料/半額

 

■子供用メガネの価格は?素材は何を選べばいいの?

[価格]
子供メガネの平均価格は、フレーム+レンズで約2万円ほど。高ければ良い、安ければ悪いということではありません。お店ごとで料金設定に違いがあるため、メガネ店ごとの価格もチェックしてみましょう。

[素材]
TR90
子供用フレームの素材として多く使用されています。医療用具メーカーにより開発され、医療用カテーテルや哺乳瓶に採用されるほど人体に優しいナイロン樹脂素材です。万が一、赤ちゃんやお子様が口に含んでも安心です。また、水とほぼ同じ密度でできておりとても軽量なうえ、弾力性・耐熱性・耐薬品性にも優れています。

ベータチタン
チタンと他の金属との合金です。とても軽く、しなやかな柔軟性があり長時間掛けても疲れを感じにくい素材です。強度にも優れ、チタンの特長である錆やアレルギーフリーを併せ持つため、子供に向いています。

形状記憶合金
チタンの一種、加工時に形状記憶処理を施すことでグニャと曲げる高負荷でも元に戻る特長があります。とても軽く耐久性に優れていますが、金属アレルギーを引き起こすことがあるため注意が必要です。

■オシャレさも気になるけれど、子供が毎日使うものなので機能面から選ぶのもポイント!

[フレーム・バンド]
子供用メガネは素材や機能性で選ぶことが望ましいです。スポーツ用にゴーグルタイプやずり落ちを防ぐバンドもあります。ぶつかったり転んだときのケガを防ぐため、形は全体的に角のないものを選びましょう。

[鼻パッド]
子供の顔は大人より平坦で鼻も低いため、メガネがずり落ちないためにも、鼻パッドが大きめのものや滑りにくい素材のものを選ぶといいでしょう。

[モダン]
耳にかかる部分の「モダン」は、かけ心地を左右する重要なパーツです。そのため、すべりにくく痛くなりにくい柔らかい素材のものを選びましょう。ビジョンメガネでは哺乳瓶の吸口にも採用される柔らかい素材で、耳に巻き付いて固定するものもあります。

[かけ心地]
メガネがずり落ちてきたり、耳や鼻が痛くなるとせっかくのメガネも効果が発揮できません。負担のかかりやすい鼻と耳部分のパーツを微調整できるものを選ぶなど、試着をしてピッタリのものを選びましょう。

[メガネご購入後も変化しやすい子供の視力]
身体が大人に向かう成長期の子供は、大人より視力が変化しやすくなります。こまめに視力の状態を確認し適正な視力矯正が叶うメガネを使用しましょう。保証やメガネのプロによるメンテナンスやアフターサービスが受けられるお店で購入すると安心です。技術と知識を駆使し、アフターサービスに対応する「メガネのマエストロ」がいるビジョンメガネなら、変わりやすいお子様の視力にも適正なメンテナンスを行えます。

■まとめ

・ご購入の前に、まずは眼科医を受診しましょう。
・治療用メガネを購入の場合は、保険の補助金や助成金が受け取れます。
・ご購入後の保証やアフターサービスの充実、通える距離にあるお店を選びましょう。
・子供用のメガネは、素材や機能面で選ぶことが望ましいです。

ビジョンメガネでは、メガネのプロである「メガネのマエストロ」がお子様に最適なメガネ購入をサポートします。
ご購入後の保証や無料で受けられるメンテナンスも充実しているので安心!お気軽にご相談ください。

日本初、大手損害保険会社と共同開発の長期メガネ保証サービスはこちら

   

ページトップへ